柚木草平シリーズを引っぱり出して読んだ

少し前に、ふと「古書店アゼリアの死体」に出てくる「紅子さん」のことを思い出して、引っぱり出して読み返した。記憶に残りやすい登場人物だから憶えているのだと思ったのだが、読み返してみると、もっとずっと記憶に残りそうな「真琴」や「千秋」が出てきていて、あてにならない記憶だなとも思った。

また、これに前後してポリス猫DCやらの葉崎市シリーズを一通り読み返して満足したのだが、今度はふと柚木草平シリーズの最初の本が気になって、引っぱり出して読み返し始めてしまった。

「彼女はたぶん魔法を使う」というその本を最初に読んだのはタイトルに釣られたからだった。もともとこのジャンルは読まなかったので、本当に釣られて買ってみただけだったのだが、なんだか気に入ってしまって、それからも新刊が出ればすかさず買うというほどではないものの、なんだかんだとおおむね読んできている。この本の魔法使いがいいのよなあ。