\ay diaryhoge moge

2011-04-21

2月、3月、4月。あとおそらく5月。と、どうにも忙し続き。この仕事が終わったら野点するんだ…… とか勝手に妄想して元気を出している。そういう話があるわけではぜんぜんないけど

そもそも焙煎するための器具を持っていない。用意するならずいぶん前に行ったコーヒー教室で使ったあれかなと、さらに妄想を深めてみたりする。具体的に買う予定を立てるわけでもないが、「何買う?」をちょっと考えてみるのは楽しい。

そんなわけでちょっとだけ検索してみる。そうすると物欲をそそる物がいくつも出きてしまった。こののままじゃダメになる、と止めにしたが、それでも気になったものをいくつかあげてみる。

まず、きっかけになったものから。手焙煎のために開発された「煎り上手」から。

  煎り上手は教室で実際に使った。基本的に左右にふっていれば豆がうまいこと動いてくれるそうで、あとは火加減に集中すればよい。えっ、こんなもの? っていうくらいの手間でそれなりに焙煎できたように思う。 これを使ったコーヒー教室は現在でもグラウベルさんが開催されているそうだ。

あ、楽天市場で煎り上手を扱っているお店があるんだ、とページを見ていて、うはっと思ってしまったのがこれ。

  ハンドプレッソは今もちょくちょく使っている。ハンドプレッソは要するに自転車の空気入れみたいなものである。ポンプを動かすごとに空気を出すわけではなくて、いったんぐぐぐとためてから一気に放出するという点が空気入れとは違うけど。 ところで、空気入れといえば手動のばかりではなく、空気ボンベみたいなものを使うものもある。とするならば、ハンドプレッソのようなものにもその手のものがあったっていいじゃないか、をかなえてくれたのがこれだろう。 ちょっと試しに〜という値段ではないのでまったく手が出ないが、こういう、ちょっといっちゃってるモノは出会っただけで楽しくなる。

最後にもう一つ。

エアロプレス エスプレッソメーカー ...

エアロプレス エスプレッソメーカー ...
価格:4,200円(税込、送料別)

  グラウベルさんのコーヒー教室情報に戻ってみていたところ、この器具の試用ができると書いてあった。コーヒープレスに似た感じになるらしい。 これはTWISTに比べると現実的な値段。ま、こういうのいろいろ見ていると感覚がだんだんぼやけてくるのだけど。でもちょっと面白そう。