\ay diaryhoge moge

2017-02-15

GUIDE.mdに沿って実際に動かしてみて、自分で自分に説明してみた記録。翻訳ではない。(というか英語的にどうかって言われると自信がない。)

Byebugのバージョンは9.0.6、Rubyのバージョンは2.4.0p0。

GUIDE.mdはIntroductionに続いてGetting in & outへと進むが、ひとまずここまで。

Introduction (続き)

Threading...

続きます »

2017-02-15

GUIDE.mdに沿って実際に動かしてみて、自分で自分に説明してみた記録。翻訳ではない。(というか英語的にどうかって言われると自信がない。)

Byebugのバージョンは9.0.6、Rubyのバージョンは2.4.0p0。

Introduction (続き)

Debugging Oddities: How debugging Ruby may be different from other...

続きます »

2017-02-15

GUIDE.mdに沿って実際に動かしてみて、自分で自分に説明してみた記録。翻訳ではない。(というか英語的にどうかって言われると自信がない。)

Byebugのバージョンは9.0.6、Rubyのバージョンは2.4.0p0。

Introduction (続き)

Attaching to a running program with byebug

ここまでの例では、最初からByebugを使用...

続きます »

2017-02-15

GUIDE.mdに沿って実際に動かしてみて、自分で自分に説明してみた記録。翻訳ではない。(というか英語的にどうかって言われると自信がない。)

Byebugのバージョンは9.0.6、Rubyのバージョンは2.4.0p0。

Introduction (続き)

Second Sample Session: Delving Deeper

ブレークポイント、コールスタック、リスタートを試そう。

続きます »

2017-02-15

GUIDE.mdに沿って実際に動かしてみて、自分で自分に説明してみた記録。翻訳ではない。(というか英語的にどうかって言われると自信がない。)

Byebugのバージョンは9.0.6、Rubyのバージョンは2.4.0p0。

GUIDE.mdの最初のサンプルコードについて、元のコードではデバッガの説明の入り口としては少し分かりにくいと思ったので以下の変更を加えている。

  # もともとのコード

続きます »

2017-02-02

以前書いたコードを少し整理してgithubに置いたみた。

テストをしているとき「このテストはねらい通りのところを通っているのかね」というのを調べたいことがたまにあって、ちょっとしたことなんだけどなあと思いつつ忘れたりまた思い出したしてたのを形にしたもの。

Tracerでいけるよね…… むむ、プリントアウト専用のコードだった。いったん実装はしたもののこれは……set_trace_funcで...

続きます »

2017-01-29

「Railsのテストを、ファイルを指定して実行するのはどうやるんだっけ?」というのを毎回忘れる。

検索してよく出てくるのはこういうの:

rake test TEST=test/model/foo_test.rb

複数のファイルを指定するのはどうすればいいの? というのをさらに調べてみたところ、そもそもTEST=を使わなくてもこれでいけると分かった:

rake test test/models...

続きます »

2017-01-14

Rakeに-nオプションを指定するとdry runできる。ただ、dry runと言ってもタスクの実行予定が表示されるだけなので、いまいち使いどころがない。

$ cat Rakefile
task :example do
  sh 'ls', '-ld', '1'
end
$ rake -n example
** Invoke example (first_time)
** Execute (dry...

続きます »

2017-01-14

/tmp/rake-exampleに以下の内容のRakefileを作る。

task :default do
  p pwd: Dir.pwd, rakefile: __FILE__
end

/tmp/rake-examplerakeコマンドを実行する。

$ rake
{:pwd=>"/tmp/rake-example", :rakefile=>"/tmp/rake-example/Rakefile...

続きます »

2017-01-01

ふと思い立ってmiddlemanを更新してみたところ、思いのほか大変だった。

まずはRuby 2.4.0に対応していないこと。正確には依存関係で引っぱられてくるgemの一つがビルドできないため。めんどうそうなのでRuby 2.3.3で動かすことにする。

例によってnokogiriのインストールができないなどを経由しつつ、gemを更新できたところでmiddleman buildを実行したと...

続きます »