この数年、直接的なOSS活動から遠ざかっていた。けれど、ちょっと気持ちの変化があり、また何かしら活動できないかなと考えるようになった。そこで、近く開催される大統一Debian勉強会に参加することにした。

できるだけたくさんの人の顔と名前を一致させられるよう、いろいろ見聞きしたいと思っている。

また、twitterでつぶやいた通り、どこかで場を作って(会場のすみで立ち話とかかも)最近のDebianでのRubyの事情について教えてもらおうと勝手に考えている。

ちょうどよいタイミングでBits from the Ruby team: switching to Ruby 1.9 and trasition to new policyというアナウンスが出ているので、このあたりも含めて。他に何人かでも人が集まるようなら、パッケージメンテナンスのこと以外の、もっと広い範囲で意見交換などできればいいなと思う。

(gem2debのコードリーディングというあたりから手を動かすと面白いのかも?)

comments powered by Disqus